外壁補修工事

築10年以上が経過している建物は、外壁にひび割れや鉄筋爆裂、欠損、浮きなどが生じていることが多いもの。
適切な修繕は、居住者の安全を守るだけでなく、建物の資産価値向上にもつながります。

長年施工に携わってきた当社なら、外壁の状態を正しく診断し、最適な施工法を選択することが可能。
代表は「外壁診断士」の資格も所有しておりますので、安心しておまかせください。


◇外壁補修はどんな時必要?建物からのSOSサイン

・ひび割れが発生している
・モルタルなどの浮きがある
・欠け・剥離が見られる
・汚れがひどく、劣化している
・長期間メンテナンス・点検をしていない

など

◇外壁補修ってどんなことをするの?

補修工事は、劣化の状況を正しく見極め、最適な工法で行うことが必要です。
ここでは、補修工事の一例をご紹介いたします。

<ひび割れには>

●Uカットシール材充填工法
漏水の原因や、補修後再発の恐れがあるひび割れに適した工法。
ひび割れに沿ってU型に外壁をカットし、隙間にシーリング材を埋めていきます。
シーリング材が壁の動きに対応するのでひび割れが生じにくくなり、たとえ生じても内部まで達することを防いでくれます。

●ダイレクトシール工法
コンクリート、モルタル、ALC、サイディング、タイル等、様々な種類の外壁のひび割れに対応しています。
弾力性のある樹脂をひび割れ部分に注入するこの工法は、壁に傷をつけずに補修することが可能。
作業時の騒音や振動、粉塵などがなく、工期も短く済ませられます。


<欠損・爆裂補修には>

●エポキシ樹脂モルタル充填工法
欠損部のもろくなった部分を除去し、エポキシ樹脂モルタルを充填、固めて欠損部を埋めます。
強度に優れ、固まっても収縮しない性質の樹脂を用いるので、高強度のコンクリート、モルタル面へと再生します。



>>お問い合わせはこちら

一覧に戻る

▲TOPへ