シーリング工事

◇シーリング工事とは?

外壁材同士のつなぎ目や、サッシなどの建具とコンクリートの接合部分など、建物にはその構造上、必ず隙間が生じるもの。
その隙間を埋める詰め物が、”シーリング材”です。

シーリング材は弾力性に富み、防水性バツグン。
建物の揺れを吸収したり、建物内部に侵入しようとする水をブロックする役目を担っています。

経年劣化によるシーリング材の硬化やひび割れは、放っておくと雨漏りの原因になりかねません。
増し打ちや打ち替え工事を行い、元々備わっていた性能を取り戻す事が、建物の延命につながります。


>>お問い合わせはこちら

一覧に戻る

▲TOPへ